1. TOP
  2. 貧乏サラリーマンの趣味
  3. バイク
  4. ドラッグスター 125 YAMAHA 国産アメリカン・クルーザーバイク 250ccのパーツを流用出来るか?

ドラッグスター 125 YAMAHA 国産アメリカン・クルーザーバイク 250ccのパーツを流用出来るか?

xvs125Dragstar003

原付2種 MT車 ヤマハ ドラッグスター125 貧乏サラリーマンのバイク カスタム日記

 

趣味を楽しみながら、このドラスタを

 

これから色々と整備やカスタムをしていきます

 

xvs125Dragstar032

 

カスタムしたいのは、山々なんですが

 

実は・・・

 

現在も・・・

 

まだまだ車体購入の借金があり。。。

 

カスタムにお金は掛けれないのです・・・汗

 

なので!! 笑

 

なるべく、お金を掛けずに

 

Coolなドラッグスター125にカスタムしていきます~!! 笑

 

その前に?

 

ドラッグスター125はどんなバイク?

 

はこちらの記事を参考にして下さい ↓ ↓ ↓

 

原付2種でおすすめのバイクは?乗るならMT YAMAHA Dragstar 125 XVS125 を中古カスタムで入手!

 

COVERをステンレスで作成 カスタム第一弾

 

早速カスタムしていきますが

 

私は、貧乏サラリーマンですから、基本自分で全部カスタムしていきます。

 

まずはここの部分です。

 

カスタムと言えるほど、でもないですけどね・・・汗

 

xvs125Dragstar033

 

フレームの前側なんですが、

 

飛び石のガードなのか?

 

ただのフレーム補強部を隠すカバーなのか?

 

結構目立つ部分なんですが、プラスチックなので正直安っぽい!

 

 

※写真はすでにプラカバーは外してあります。

 

xvs125Dragstar024

 

私は、、、何のために付いてる、coverなのか分かりませんが?

 

この部分に黒いプラスチックカバーがついてます。

 

では、早速Coverを外して行きます。

 

固定方法は、ネジ2本です

 

このCoverは、ただの、フレームの目隠し部品でしょうね~

 

 

↓ こちらが外したプラカバーです ↓

 

 

xvs125Dragstar025

 

これが、なんとも、、、安っぽいプスチック部品なので

 

なんとか、見栄えを良くしたいと思いました。

 

まぁ。。。

 

こんな部品でもカスタムはカスタムです。

 

このCoverですが、サードパーティーメーカーだって

 

わざわざ、この部分のカスタム部品なんて、

 

どこのパーツ屋も出して、無いでしょうから

 

自作してカスタムしていきます。

 

カスタムパーツとして

 

出てても、私は買わないですけど。。。

 

いや、、、

 

正確には、買えないんですけどね・・・ 汗

 

しかし!

 

自慢にもなりませんが!

 

Coverを作る材料すら、今は買えないので・・・涙

 

なにか使う時があるだろうと、とってある材料(家族からはゴミ・・・)

 

ストックしてある材料を使います。

 

手持ちの材料で済ませれば、金はかからないので 笑

 

では?

 

何の材料で作るか、なんですが?

 

付いてる場所が、車体の前面で下の方

 

水、砂、虫、石などなど

 

が飛んでくる、とても汚れる場所です。

 

場所が場所ですし、鉄だとサビるのが嫌なので

 

ステンかアルミの板で作る事にします。

 

見栄えパーツなので

 

あんまり、素材が薄いと質感がよく無いのでと思うので

 

ある程度の板厚(重量感)が欲しいところです。

 

ストックしてある、端材から

 

中々良い大きさのステンレス板をみつけました。

 

厚さ1.2ミリのステンレス板です

 

丈夫だし、錆びにくいのがステンです

 

台所のシンクなど水回りに多く使われてる金属ですね

 

ステンだと、錆び難いのは良いのですが?

 

まぁ~DIYには厄介な素材です

 

なんせ硬い!!

 

表面強度がかなり硬い!!

 

硬いと、何が駄目なのか?

 

それは

 

DIYなので、やっぱりホームセンターやアマゾンで買ってる素人用工具です。

 

鉄用や安い工具だと

 

ステンレスは加工が、もう~大変なんですよ。。。

 

ステンレスは、表面強度が硬い為、切るのも、穴あけ、曲げも大変です・・・

 

機会があったら、100均のドリルとかで穴あけて見て下さい

 

あまりに穴が開かなくて

 

けっこうびっくりしますよ~

 

なんと・・・

 

Coverと合わせると、材料が少し足りない・・・

 

う・・・

 

端材なので、ちょっと寸法が足りないのは。。。

 

まぁ!よくあることです 笑

 

想定内ですよ 笑

 

多少は、妥協も必要ですよね。

 

自分用カスタムパーツですから♪

 

売り物なら、即クレームです 笑

 

早速、実物から、簡単に型どりして

 

切って、曲げて、穴あけて

 

なんとか

 

完成したのが、こちらです!

 

写真の左上が、形違うの分かります?

 

材料が足りなかった場所です 笑

 

xvs125Dragstar026

 

裏はこんな感じ

 

ビス穴をあけるんですが

 

ステンレス用のドリルを私は持ってません・・・

 

なので、鉄用のドリルで頑張ってあけていきますよ~

 

DIYでは

 

ステンの穴あけはかなり大変です

 

ステンレス自体が硬いので

 

ドリルが鉄用だとキツイのです。

 

きついと言うのは?

 

穴が開かないんですよ・・・

 

ドリルが食い込んで行かないので

 

ステンに鉄用ドリルだと、ドリルの先端が焼けちゃうんですよ

 

ドリルの先端にオイルをつけて、穴開けすると焼け防止に少しは良いです

 

本当は。。。超硬ドリルとかあれば良いんですけど

 

価格がすごい高いので・・・

 

1個、2個の穴なら

 

なんとか鉄用で、小さいドリルで下穴を広げてあけていくのがいいかな~

 

それと!薄板の穴あけは注意しないと非常に危ないです!

 

薄い板を穴あけする時は、くれぐれも注意して下さい。

 

ドリルに素材が巻き上げられ、板自体が上に引っ張られないように

 

しっかり押さえて

 

更に

 

下に木材の板などを、引いてからやりましょう~

 

バイスで固定したり、両面テープで板に固定してからやると良いです。

 

ケガは自分持ちですから、気をつけ過ぎは無いです

 

特に!

 

回転物を作業する時に、軍手はダメです

 

軍手が巻きつくと、大怪我します!

 

簡単に指が無くなります・・・

 

注意して下さい。

 

xvs125Dragstar027

 

それでは

 

ステン製カバーが出来たので

 

早速取り付けていきましょう!

 

上から被せるタイプにしたので

 

プラカバーも下に付けたまま取り付けます。

 

固定方法も

 

もともとの、ビス穴を利用して取り付けました。

 

場所的にサビが嫌なので、ビス、ワッシャーも、ステンに変更しました。

 

xvs125Dragstar028

 

取り付けた感じ、どうでしようか?

 

この方が、かっこよく無いですか?

 

それと、

 

曲げた部分も若干長くしてます

 

空気の流動も、この方がいいかな~と思います

 

空冷エンジンなので、なるべく風を当てたいですからね

 

xvs125Dragstar029

 

磨きのステン板なので、

 

ピカールで必至に磨かなくても

 

最初からピカピカです~♪

 

マフラー、クランクカバーのメッキ部品とのピカピカした感じも

 

統一感が出で、中々良い感じになりました。

 

こんなんでも、ワンオフでお店に作ってもらったりしたら、高いんだろうな~

 

xvs125Dragstar030

 

どうですか?

 

125cc原付2種もよくないですか~?

 

バイクのパワーを持て余してる乗るより、のんびり走った方が家族も安心です。

 

今のあんまり乗らないを査定に出して、乗り換えもありですよね?



 

 

 

 

 

ワイズギア DS250 用 サイドBOX スムースサイドケース 取り付け

 

xvs125Dragstar007

 

 

中古品を予算内でGetしました!

 

プラスチック製です

 

周りは、シボ加工してありますが、

 

メーカーHPに書いてある、レザー風ハードケース

 

レザー感はまるで無いな。。。

 

でも、届いた物は、私が思ったより綺麗でした

 

傷とか、あまり気にしないんですが

 

綺麗に越したことは無いですからね~♪

 

xvs125Dragstar035

 

説明書もコピーですが、付いてます

 

もし、無い方は、ヤマハHPで落とせると思います。

 

xvs125Dragstar012

 

付属品

 

ビス、ステー、カラー類

 

xvs125Dragstar016

 

 

こちらが、サイドBOXを固定するステーです。

 

鉄のプレートですが、薄い板厚です

 

xvs125Dragstar013

 

BOXの後ろ側です。

 

ステー、カラーに逃げがあり、BOX内のスペースが犠牲になってます。

 

これはちょっと予想外でした・・・

 

中のスペースが、狭いです。

 

xvs125Dragstar014

 

中のスペースは、これしかありません・・・

 

深さはありますが、横幅が少なすぎる・・・

 

xvs125Dragstar015

 

 

取り付け後

 

上に30ミリ、後ろに10ミリオフセットしてます。

 

xvs125Dragstar008

 

マフラーとのクリアランス

 

20ミリくらい狙いです。

 

xvs125Dragstar009

 

これならタンデムしても大丈夫です。

 

BOXを開ける時、メインシートに少し引っかかりますが開きます。

 

xvs125Dragstar010

 

うしろからみると、こんな感じに収まります。

 

横にも、15ミリくらい外にオフセットしてます。

 

xvs125Dragstar034

 

タイヤとの、クリアランスも100ミリくらいはありますね。

 

外に逃がした分、付属の振れ止めが付かなくなってしまいました

 

xvs125Dragstar011

 

振れ止めは、アルミのフラットバーで作成しました。

 

xvs125Dragstar036

 

このボックスを付けるの、、

 

実は!

 

もの凄~い大変でした・・・

 

何故かというと

 

後期用に設計されてるからなんです

 

このバイクは、2000~2007年に製造されてた

 

5KR~BA-VG02と同じ、前期型なんです

 

マフラーが右2本だしタイプなんです

 

マフラーが2本だしだと、上側のマフラーにあたって付かないんです・・・

 

xvs125Dragstar002

 

そして、サイドBOXは後期型用

 

マフラー一本だしに取り付けるように出来てます。

 

マフラーの高さを2本だしと1本出し見てください

 

2本だしの方は、サスの下側のボルトが隠れてるのわかります?

 

下の画像の1本出しの方は、ボルト取り付け部が見えてます。

 

 

 

ということは、その分上までマフラーがあるんです・・・

 

だからボックスが前期型には、物理的に付きません・・・

 

まさかマフラーが当たるとは・・・

 

これの取り付けは、ほんと参りましたね・・・

 

19D~の後期には何の加工も無く付くんですけどね

 

専用品で、ヤマハ純正だから当たり前か~ 笑

 

そんなことより・・・

 

私のは、2本出しタイプの型式なので付かないです・・・

 

折角買ったのに付かない・・・

 

他にも問題があります

 

ウインカーも移動が必要・・・

 

たかがサイドBOXなのに・・・

 

こんなに・・・取付が手間なのね。。。

 

結論!

 

試行錯誤して、BOX取り付けましたよ!

 

マフラーを社外のに変えても、簡単にいけるって話もありますが・・・汗

 

私は純正マフラーを使いたかったので、取付を頑張りましたよ~

 

昔は乗ったバイクには必ず社外マフラーに変えてましたが

 

今は純正マフラー好きの私です 笑

 

なぜか?

 

純正マフラーって、消音、動力性能、取付と凄い優秀なんです!

 

やっぱり純正マフラーは、メーカーが開発コストをしっかりかけて

 

設計、テストをしてそのバイクに合わせて作ってます

 

性能と消音など、デメリットを抑えつつ万人に使い易く出来てます

 

やっぱりトータルバランスが良いんですよね

 

社外に比べて、音だは物足りない人が多いですけどね・・・

 



 

 

ドラスタ 125  社外テールランプ取り付け

 

このドラスタ125カスタム、

 

純正テールランプを付ける部分が無い状態です。

 

社外テールランプも、リアフェンダーの上に付いてたのですが

 

タンデムシートを付けたら場所が無くなってしまいました・・・

 

そこで!

 

新たにテールランプを移動し、どこかに取り付けなくてはいけません。

 

ナンバープレートもです・・・

 

最初はこんな状態です

 

xvs125Dragstar037

 

まずは、取付の場所を考えます

 

ステーを取り付ける場所を作るために、リア周りを外し確認します

 

脱着には

 

メインシート、フェンダーなど順番に外しましょう~

 

すべてボルトで止まってます。

 

ネジなど、トレーなどに入れて失くさない様にしましょう

 

それと、場所ごとにネジを分けておくと、組み付けの時楽です。

 

xvs125Dragstar038

 

 

さて!

 

リヤフェンダーを外してみましたが

 

う~ん・・・

 

ここからも、問題だらけでした・・・

 

カスタムされていた車体なので

 

純正パーツは無いし、取り付ける場所も加工されてたり・・・

 

その為何をするにも、結構大変です・・・

 

カスタム車両はその状態で気に入ってのるならお買い得ですが

 

自分好みにカスタムするには、ノーマルの方が無難です

 

ですから、自分でカスタムが好きで、ある程度DIYできる方の方が良いでしょう~。

 

まず

 

この車両の大きな問題は?

 

①タンデムシート+シートブラケット(金具)が無い・・・

 

シートは中古で買うとして

 

シートブラケットも

 

中古部品を探して購入しようかと思いましたが?

 

送料など考えると、めんどくさい・・・

 

画像を探して、作ることにしました。

 

②リアフレームに溶接されてる、タンデムシートを止めるボルトが切断されてる・・・

 

もう一度穴をあけて、ねじを取り付けます。

 

いざドリルで穴を開けようとすると

 

元のねじが凄い硬くて、苦戦しました。。。

 

ステンだったのかな・・・

 

小さいドリルから、徐々に大きくしていき何とか開けました

 

ボルトは下から出して、落ちないようにしたかったので

 

タップを切りることにしたのですが

 

なんと!

 

硬くてタップが折れましたよ・・・

 

いや・・・まいった

 

ストレートタップなら、まだ何とか出来るのですが

 

スパイラルタップを折ってしまいましたので大変・・・

 

スパイラルは折れたら、取るのが大変

 

もう~悲惨なんです・・・

 

取るだけで何時間もかかりました・・・

 

タップの下穴はしっかりあけましょうね・・・

 

③ノーマルシートが無い

 

この問題は、まずノーマルシートを購入する事からですね

 

ヤフオク、メルカリをチェックして

 

破れなしの中古品をゲット!です

 

これでタンデムも可能になります。

 

いざと言う時に、二人乗り出来た方が便利ですからね

 

私はタンデムシートを付ける派です。

 

記事作成中~

\ SNSでシェアしよう! /

貧乏サラリーマンのネザー日記の注目記事を受け取ろう

xvs125Dragstar003

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

貧乏サラリーマンのネザー日記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

cookiesrabbitry

ネザーランドドワーフブリーダー

関連記事

  • 原付2種でおすすめのバイクは?乗るならMT YAMAHA Dragstar 125 XVS125 を中古カスタムで入手!